はじめてのヘッドスパに感動

もともと自分磨きに無頓着で、お化粧品やヘアスタイル、洋服など流行りのものを取り入れたりなんてせず、まぁ外に出ても恥ずかしくない程度に…というタイプです。美容院へも「毛量が増えてきたから行くか?」くらいの頻度です。それは子育てがはじまるとよりひどくなりました。子供優先の毎日で自分の美容なんて二の次に…。ある日見兼ねた母がゆっくり美容院にでも行ってリフレッシュしてきたら?と言ってくれ、かねてより興味のあったヘッドスパも頼むことにしました。実は私は美容院で頭を洗ってもらうのが大好きで至福の時なんです。ヘッドスパへの期待も高まります。いざ美容院へ。まず至福の洗髪タイム。さらにそのあと待ちかねたヘッドスパが始まります。4種類のアロマオイルから好きな香りを選ばせてくれて、とてもいい香りの中マッサージが始まりました。とにかく気持ちいいの一言です。頭には多くのツボがあると聞いたことがありますが、とくにうなじの辺りと耳の辺りのツボがかなり気持ちいいです。ほんの15分程でしたが、すっきりリフレッシュ出来ました。最近では自宅でヘッドスパが味わえるルメントシャンプーなるものもあります。

美容院は髪を切ったり、パーマやカラーをするだけの場所ではなくなってきました。最近ではヘッドスパの施術も行っている美容院が増えており、そのメニューも多種多様です。ヘッドスパの効果は普段のシャンプーでは落としきれない皮脂の汚れを落とす効果があり、マッサージをすることで頭皮の血行が良くなり美しい髪が生えてくるとされています。また、小顔効果やストレスを軽減することも期待できるので現代社会で暮らしている人々にとっては魅力的なサービスです。ヘッドスパは主に女性が好んで施術を受けていますが、近年では男性をターゲットにしたスパメニューもあります。男性は女性に比べて頭皮の油分が多いです。油分が多いことで薄毛や抜け毛の原因となるため、頭皮の汚れをしっかり落とすことができるスパが人気を集めています。施術時間は30分から長くて60分くらいまでで、料金は2千円程度から5千円程度のスパメニューを選択している方が多いです。PRサイト:ルメントシャンプー|半額取り扱い店舗

美容院と理髪店の違い

tokoya

美容院選びってけっこう悩みますよね。年輩の男性の中には、これまで美容院には縁がなかったという人も少なからずいるかも知れません。男性の場合は、美容院ではなく理髪店や床屋を利用している方が大勢いるからです。

では、この床屋や理髪店、美容院とはどう違うのでしょうか。実は、定義の面ではそこまで大きな違いはありません。イメージとしては、理髪店、床屋は男性が主に行く所で、髪のカットや髭のシェービングをしてくれるという印象がありますね。一方の美容院は女性が主に行く所で、流行を取り入れた髪型にしてくれるところ」という印象があります。しかし、これはあくまでもパブリックイメージです。実際には、美容院に男性が行ってもいいですし、理髪店や床屋に女性が行っても全く問題はありません。また、美容院がシェービングをしてはいけないという決まりもありません。

しかし、そういったイメージはサービスを受ける側だけでなく、サービスを提供する側にも根付いており、それが両者の決定的な違いとなっています。美容院は女性が主な客層になるという事を前提にオシャレなお店を構え、流行を常に取り入れて新しい施術を披露します。理髪店や床屋は、男性が主な客層になる事を想定し、マンガ雑誌や男性向けの雑誌を置き、シェービングの技術を磨きます。結果として、その姿勢がそのまま客層にも影響し、それが口コミで広がった結果、イメージを固定させているのです。

次に個人経営かチェーン店についてです。美容院は個人経営の所もあれば、チェーン展開を行っている所もあります。では、どちらの方が好ましいのでしょうか。

結論からいえば、一長一短です。つまり、どちらにもメリット、デメリットが存在するという事ですね。まず個人経営の美容院ですが、基本的にはチェーン展開しているお店より規模は小さくなります。そのためスタッフの数が少ない事が多く、もし人気店になった場合は、長い間待たされるという事が起こり得ます。そういった事情から、なかなか店内の掃除にも時間を割けず、お店の衛生環境に問題が生じる、というケースもあります。その一方で、個人経営の場合は担当する美容師が固定される事が多いため、信頼関係を築きやすいというメリットがあります。

チェーン店の場合は大型店舗である事が多く、経営面では有利です。潰れる心配は少なく、またスタッフも多いので、自分の好みの美容師を見つけやすいという環境も強みといえるでしょう。しかし、他のチェーン店へスタッフが移動するケースも多く、せっかく信頼関係を築いた美容師が、別のチェーン店へ行ってしまうというケースも良くあります。そういう意味では、長期間お世話になる上では少し不安があるかもしれません。口コミ情報で調べやすいのは、チェーン店の方です。大型の美容院の方が、口コミ情報が集まりやすく、チェーン店共通の店構えや雰囲気なども存在するので、別の都道府県にいる人の情報も参考にできます。

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

おすすめの白髪染めを探している人人にはレフィーネの白髪染めを紹介します。

髪の悩みを解決してくれる商品をたくさん提供しているサイトがレフィーネです。最近では新商品のレフィーネヘッドスパトリートメントカラーがおすすめです。このレフィーネヘッドスパトリートメントカラーは一度に白髪染めとトリートメント、頭皮マッサージができるところが人気です。白髪染めなのに気持ちいいと口コミでも人気の白髪染めになっています。

白髪染めで注意しなければならないのは、髪へのダメージです。レフィーネのヘッドスパトリートメントカラーはキューティクルを傷めずにしっかり染めることができます。植物由来の天然染料で生え際から毛先まできれいに染め上げてくれます。アレルギーや肌荒れの原因となる化学成分を含みませんから、誰でも安心して使用できます。体への安全性を考えて作られているのです。

レフィーネのキーワードは「癒して染める」です。人によって髪の悩みは違います。年齢とともに髪の傷みに悩んでいる人もいるでしょう。白髪、パサつき、枝毛や細毛など、老化を強く感じてしまうのです。レフィーネヘッドスパトリートメントカラーは白髪染めでありながら、ヘッドスパクリームとして働くところがおすすめの理由です。染めながら、ハリとコシを作り出してくれるのです。世界的な名水ノルデナウの水を使用して、10種類の天然成分と7種類の頭皮ケア成分が配合されています。単なる白髪染めではありません。きっと満足できると思います。

レフィーネのサイトを見ると、体に優しい白髪染めが注目されています。カラートリートメントタイプの商品です。白髪染めは何度も使用しなければなりませんから、髪を傷めたくないと思うのは当然のことでしょう。白髪染めで髪がダメージを受けて、新たな悩みになっては意味がありません。レフィーネが提供するカラートリートメントはいくつかの種類があります。体に優しいものから選んでもいいですし、色持ちを重視してもいいでしょう。泡のレフィーネはシャンプー感覚で使用できるカラートリートメントで嫌な臭いもありません。26種類の天然成分が配合されていますから、白髪染めと同時に髪につやを与えてくれます。泡状ですから液ダレすることもなく、初めての人でも塗りやすいのです。

美容院白髪染め頻度

みなさんは美容院での白髪染め(カラー)の頻度期間はどれくらいですか?

美容院へ行く頻度というのは、なかなか口コミ情報などでは調べることがありませんね。ですから、まだオシャレ初心者という世代の人は、どれくらいの割合で行けば良いのかが意外とわからないものです。特に、中学生や高校生といった、なかなかお金の面でそう何度も通えない世代にとっては、どれくらいの期間で行くものなのかという事は、結構切実な問題ですね。できれば、他の人がどれくらい利用しているかという事を知っておきたいところです。

あるデータによると、美容院白髪染めに少なくとも一月に一度は訪れるという人は、全体の10%にも届かないという結果が出ています。これはかなり意外な結果ですね。最も多いのは、「3ヶ月に1回」。ほぼ同じ割合で「2ヶ月に1回」が続いており、この二つで全体の約6割を占めています。つまり、多くの人は、美容院を2~3ヶ月に1回利用している、という事になります。反対に、半年に1回、1年に1回という、あまり利用しない人も、2割以上います。主に髪を伸ばし続けている人がこれに該当するものと思われますが、こまめに髪型を整える人が多い一方、割と伸ばし放題という人も結構いるようですね。

こういったデータを見る限り、そこまで頻繁に美容院に通う必要はない、という事が分かります。よく口コミなどで「美容院には早いサイクルで行く方が良い」と呼びかけている事がありますが、それはあくまでも経済的に余裕がある年代。そうでない中高生は、そこまで頻繁に利用しなくても良いという事です。

みなさんの通っている美容院の満足度はどうでしょうか?

現在通っている美容院をどのようにして決めたか…という動機に関しては、千差万別、十人十色ではないでしょうか。近場だから通っているという人もいれば、口コミで評判が良いから、という人もいるでしょう。最初は、嫌だったら別のところに通えば良いやと、割と軽い気持ちで決める事が多いようですね。

とは言っても、一度通った美容院というのは、なかなか変えられないものです。というのも、美容院の場合、美容師とコミュニケーションを図る機会が多く、人間関係が生まれるからです。美容師としても、せっかく来てくれたお客様にはリピーターになって欲しいわけですから、積極的に会話を持とうとします。そうすると、利用する側としても、どんどん自分の事を話していきますし、そうなると自分の好みも把握してもらえるので、他の美容院には行きにくくなってきます。そうなってくると、自分がどれくらい今の美容院に満足しているのかという事も、なかなかわからなくなってきます。惰性で行っているだけというケースも少なくないからです。

しかし、実際にはなるべく複数の美容院を経験した方が好ましいと言われています。毎年、各地域には新しい美容院が誕生していき、その分だけ新しい風が吹きます。その中には、今通っている美容院よりも自分に合っている所があるかもしれません。特に、そういった新勢力が口コミなどで評判がいいと、一度は試してみたくなりますね。それは決して浮気でも裏切りでもありません。より良いものを求める消費者として、当然の事なのです。

美容院白髪染め料金

私は30歳を過ぎてから、白髪が増え始め、現在ではからなず美容院に行くとカットと白髪染め(カラー)をしています。1ヵ月半に一度美容院に行くのですが、料金はだいたいカット+カラー+トリートメントで1万円ぐらいです。

東京などの都会の美容院などではカットとカラーで5000円ぐらいでできるところはあるみたいですが、だいたい、美容院でカットと白髪染めをした場合は1万円前後ではないでしょうか。男性の場合は女性より料金は安いみたいです。とにかく料金を安くしたい人は、ホットペッパービューティーなどのクーポンを使うと2、3割は安くしてもらえます。

自分で染めるより、美容院で白髪染めをしてもらうと均一に綺麗な仕上がりになります。ただ、時間が結構かかるし料金もかなりします。たまに時間がない時などに自分で白髪染めをしようかと思う時がありますが、なかなかめんどくさいですね。

自宅で白髪染めをするか美容院でするかは悩みどころでもあります。美容院の白髪染めの料金もバカにならないですから。美容院に行くと髪が傷むので市販の白髪染めは使わない方がいいとよく言われます。もちろん、これは営業的な言葉かもしれませんが、実際にどの程度の傷みになるのか明確なことはわかりません。個人差もありますし、使用する白髪染めの種類にも影響されるからです。美容院で白髪染めをする人は自分でやるのが面倒だと思っているだけかも知れません。慣れた人にやってもらう方が時間もかからず、ムラなく染めてくれることでしょう。しかし、それは美容院で白髪染めをする理由にはなりません。自分でやっている人も、何年も経てば慣れてくるからです。最初はムラがあったとしても、要領よくなります。白髪染めの商品は美容院でも市販品でも基本的には同じものです。メーカー毎に成分が違いますから、自分に合ったタイプを選ぶようにしなければなりません。最近ではシャンプーで白髪が染まっていくものも販売されています。めんどくさがり屋な方はそういった商品を使うといいかもしれませんね。

白髪染めを始める年齢はいつくくらいなんでしょうか。一般的には30代後半から白髪染めを始めている人が多いようです。早くから始めた人はずっと長く白髪染めをすることになります。白髪が多い人は月1回程度は白髪染めをしていることでしょう。だんだんと頭皮が傷んでいくのではないかと心配している人もいるでしょう。だから、白髪染めの商品は天然成分だけを含んだものが一番人気のようです。髪の毛は男性でも女性でも大きな悩みとなっているのが現状です。